平成24年11月9日

印刷業界の健康障害防止対策推進パンフレット発行。2万部配布へ
−日本印刷産業連合会・労働衛生協議会が作成、WEBでも公開−

社団法人 日本印刷産業連合会

 社団法人日本印刷産業連合会(略称:「日印産連」、東京都中央区、会長:足立直樹)は、印刷事業所の「化学物質による健康障害防止対策の取組」の強化を図るため、労働衛生協議会(委員長:岩崎好陽/公益社団法人におい・かおり環境協会会長)が中心となり、パンフレット『印刷事業所における化学物質による健康障害防止対策のポイント』を作成し、全会員企業をはじめ印刷業界等への配布を開始しました。

 校正刷り事業所における胆管がん発生以来多くの報道がなされ、また、一般の印刷工場においては労働衛生関連法令の遵守に問題があることが指摘されております。日本印刷産業連合会では、印刷業界の労働衛生関連法令の遵守と従業員の化学物質からの健康障害防止対策を早急に図るため、労働衛生協議会を設置し、「健康障害防止対策基本方針」を発表するなど、印刷業界における健康障害防止対策を推進しております。

 今般、「健康障害防止対策基本方針」を実践する上での要点をとりまとめたパンフレット『印刷事業所における化学物質による健康障害防止対策のポイント−有機溶剤中毒予防規則(有機則)への対応を中心に−』を2万部作成し、全会員企業(約9300社)をはじめ、印刷業界及び関連業界等に広く配布を開始いたしました。

   ○形式  A4判、全8ページ、4色刷り、無料
   ○目次  1.日印産連労働衛生協議会「健康障害防止対策基本方針」
         2.労働衛生関連法令の遵守
         3.法令遵守自己点検表
         4.作業環境と作業方法の改善
         5.より有害性の低いことが分かっている洗浄剤等への切り替え
         6.グリーンプリンティング(GP)資機材認定制度の活用
         7.参考資料・各種情報源

 なお、本パンフレットについては、会員企業への周知の徹底及び非会員企業への周知も考慮に入れ、日印産連のホームページからもダウンロード(PDF)することができます。

 <パンフレットダウンロード>

   パンフレット『印刷事業所における化学物質による健康障害防止対策のポイント』 (1.22MB)

【本件に関する問合せ先】
  社団法人日本印刷産業連業会 常務理事 堀口 油井  総務部 森  業務推進部 石井 殖栗
  〒104‐0041 東京都中央区新富1‐16‐8
  TEL:03‐3553‐6051  FAX:03‐3553‐6079  E-mail:info@jfpi.or.jp


(更新:2012119日)