プリプレス > アナログ > 刷版
バラードメッキ法
ばらーどめっきほう / Ballard process
1934年ドイツのバラード(E.S.Ballard)が発明したグラビア版胴の製造法。銅メッキしたグラビア円筒を研磨した後,銀やニッケルをメッキして剝離層を形成させ,その上にさらに銅を0.1~0.5mmの厚さにメッキし,研磨して製版に利用する。印刷終了ごとに版銅の端に切込みを入れると,簡単に最上銅版をはがすことができるため,再びこの版銅に銅メッキをすれば,次の製版に使用できる。この方法によれば,版胴の円周を一定に保つことができ,多色印刷の場合には有利である。研磨の手間が省け,電着銅の組織が緻密であり,耐刷力が大きい。
同義語:
剝離メッキ