印刷用語集
一般社団法人 日本印刷産業連合会
プリプレス(567) 見る
プレス(814) 見る
ポストプレス(597) 見る
印刷資材(407) 見る
共通(438) 見る
経営/CSR(805) 見る
プリプレス > アナログ > 写真製版
色分解
いろぶんかい / color separation
カラー原稿から印刷物を得るために,カラー原稿を非常に微細な範囲ごとに,印刷時に使用するY(イエロー),M(マゼンタ),C(シアン),K(ブラック)の4色インキの成分比に分けること。一般的にはカラースキャナをもちいておこない,各色の成分量は網点とよぶ微細な点の大きさによって印刷物上に再現される。また,原稿上の同一点における各色の成分比は,補色関係にあるR(レッド),G(グリーン),B(ブルー)フィルタによる光学的な分離とさまざまな補正演算によりおこなわれる。 デジタル化された現在ではデジタルカメラで撮影したRGBデータをアプリケーション(Photoshopなど)を使ってCMYKデータに変換することを色分解と呼ぶ。カメラマンはこの処理を現像と呼ぶことが多い。
関連語:
カラースキャナ,ドラム型スキャナ,フラットベッドスキャナ

このページのトップへ