印刷用語集
一般社団法人 日本印刷産業連合会
プリプレス(567) 見る
プレス(814) 見る
ポストプレス(597) 見る
印刷資材(407) 見る
共通(438) 見る
経営/CSR(806) 見る
共通 > 周辺技術 > ポストプレス 全てのカテゴリを表示
ポストプレス > 諸加工 > 紙器加工
抜き加工
ぬきかこう / cutting work
(1)紙器の製造において,箱を組み立てる前の形状(展開図どおり)に打ち抜くことと,折曲げ部の罫線入れを行う工程。一般に平圧方式で打抜きを行う。機械に雄・雌の抜き型を取り付け,この間に印刷紙を送り,加圧して切刃による切断と押し罫を同時に加工し,所定の寸法・形状に仕上げる。雄型は合板に箱の形状に合せてレーザ切断装置で溝を切り込み,罫線刃,切刃を植え込んである。雌型は鉄板(面板またはカッティングプレート)上に,硬い紙であるプレスボードを貼り付け,罫線刃の当たる部分に溝をつくったものである。円圧方式の場合,雌型は彫刻金型で打抜きと罫線付けを同時にするものと,2工程に分けるものがある。同時に行う代表的なものにグラビア印刷と打抜きをオンラインで行うボブストチャンプレンがある。 (2)シール印刷後に上紙だけを打ち抜く場合も抜き加工(あるいは半抜き加工)という。

このページのトップへ