印刷用語集
一般社団法人 日本印刷産業連合会
プリプレス(609) 見る
プレス(822) 見る
ポストプレス(597) 見る
印刷資材(407) 見る
共通(438) 見る
経営/CSR(811) 見る
プリプレス > アナログ > 電子製版
ワンショットカラープロセス
わんしょっとからーぷろせす / one-shot color process
電子写真プロセスにおいて,1回の露光現像フルカラー画像が得られる複写法。電子写真トナーに相当するフィルタ粒子に,R(レッド),G(グリーン),B(ブルー)に色分解する機能と,色分解に対応してY(イエロー),M(マゼンタ),C(シアン)に着色するインキングの二つの機能をもたせている。フィルタ粒子は粒径15~20μmの着色透明の球形粒子で,3種類あり,色分解用の顔料とインキング材である昇華性カラーフォーマ(発色前駆体)がスチレンブタジエンゴム(SBR)樹脂に分散されており,粒子表面がヨウ化銅を主成分とする透明導電層で被覆されている。その他,別法として3種類の感光性トナーをもちい,光電気泳動法によって,1回露光,1回現像でフルカラー画像を得る湿式のワンショットカラー法もある。

このページのトップへ