印刷用語集
一般社団法人 日本印刷産業連合会
プリプレス(568) 見る
プレス(814) 見る
ポストプレス(597) 見る
印刷資材(407) 見る
共通(438) 見る
経営/CSR(807) 見る
プレス > デジタル印刷 > インクジェット・熱転写印刷
インク供給方式
いんくきょうきゅうほうしき / ink supply sisytem
インク供給方式には大きく分けてオンキャリッジ方式とオフキャリッジ方式(チューブ方式)がある。オンキャリッジ方式が用いられている製品はコンシューマの小型インクジェットプリンターが代表的なものであり,構造がシンプルなのでローコスト化に向いている。又,オフキャリッジ方式は主にワイドフォーマットプリンターや高速プロダクションプリンターに採用されているが,両者ともプリントヘッドノズル数やインクの消費量が非常に多いために,①大容量であること,②稼働中でもインクカートリッジ交換が可能なこと,③多くのプリントヘッドにインクを安定供給可能なこと,などがその理由である。
参照語:
小型インクジェットプリンター, ワイドフォーマットプリンター, 高速プロダクションプリンター
関連語:
オンキャリッジ方式, オフキャリッジ方式, チューブ方式, プリントヘッド, ノズル数, インク消費量, インクカートリッジ交換

このページのトップへ