印刷用語集
一般社団法人 日本印刷産業連合会
プリプレス(609) 見る
プレス(822) 見る
ポストプレス(597) 見る
印刷資材(407) 見る
共通(438) 見る
経営/CSR(818) 見る
ポストプレス > 諸加工 > 軟包装加工 全てのカテゴリを表示
印刷資材 > 諸材料 > フィルム
共押出しフィルム
きょうおしだしふぃるむ / co-extrusion film
2台以上の押出し機を使用し,同種あるいは2種以上の異なる樹脂をダイ(金型)に供給し,押し出してつくったフィルム。共押出しによる複合化には,一般フィルムと同様のTダイ法インフレーション法により1枚の複合フィルムをつくり単独で使用する場合と,さらに他の基材とラミネーションし,より多層の複合フィルムをつくる方法がある。食品包装材に多く用いられる(用い)ており,積層する樹脂の種類によってエチレン樹脂ビニル共重合体(EVA)鹼(けん)化物,ナイロン,塩化ビニリデンなどのバリア性のすぐれたタイプと線状低密度ポリエチレン(LLDPE),エチレン酢酸ビニル共重合体(EVA)などをもちいたシール性の向上したタイプがある。特徴は,①必要とする機能の樹脂を必要最小限の厚みでフィルム化できる。②一工程で多層複合フィルムができる。③相溶性が悪く,互いに接着しにくい樹脂でも,中間に接着剤樹脂を介在させ共押出しすることにより,一工程でフィルム化できる。④押出し条件の工夫,樹脂の選定により,ヒートシール性の良い複合フィルムがつくることができる。

このページのトップへ