印刷用語集
一般社団法人 日本印刷産業連合会
プリプレス(609) 見る
プレス(822) 見る
ポストプレス(597) 見る
印刷資材(407) 見る
共通(438) 見る
経営/CSR(818) 見る
プリプレス > アナログ > 刷版
コンベンショナルグラビア製版法
こんべんしょなるぐらびあせいはんほう / conventional gravure process
感光性を付与され連続階調ポジとグラビアスクリーンを二重露光で焼き付けたカーボンテッシュをシリンダに転写した後,現像・乾燥・塗込み・腐食・クロムメッキの工程を経ておこなわれるグラビア製版方法。形成されたセルはどれも同じ面積をもつが,原稿の濃淡に応じ深度(深さ)が変わり,この深度の違いで階調を表現する。なお,腐食液には塩化第二鉄溶液が,塗込みにはアスファルトニスが使われる。

このページのトップへ