社会と文化を育んできた[印刷の歴史]
#
HOMEくらしと印刷印刷百科印刷アーカイブス

現在の印刷技術に繋がる過去の成長・発展を
前史・紙の発明から写真の発明までの歴史を紹介。

第10話第9話第8話第7話第6話第5話第4話第3話第2話第1話 前史

■第4話

グーテンベルクが発明した活版印刷術

近代印刷術の祖といわれるのがドイツの金細工師ヨハネス・グーテンベルクです。1450年頃、活字の開発とそれを使った活版印刷術を発明し、出回った数多くの書物が、人々の知識欲を満たし情報を広めたことが、ヨーロッパにおける文芸復興(ルネッサンス)、宗教改革、近世社会の到来に大きく貢献したのです。詩篇や免罪符から手掛けて活版技術を習得したグーテンベルグが、集大成として印刷した「42行聖書」「36行聖書」「カトリコン」は、印刷の歴史上、大変貴重な資料となっています。

中国、朝鮮、日本といった東洋では、木版印刷の隆盛が長く続きました。活版印刷がずっと途絶えていたのとは対照的に、ヨーロッパでは中世以降つい最近まで、500年もの間、グーテンベルグの活版印刷術は印刷技術史の主座にあり続けてきたのです。世界の印刷産業をリードしてきた大発明であったといっても過言ではありません。

グーテンベルクはまず、金属活字の材料として鉛と錫、アンチモンを混ぜた合金を採用しました。これは低温で溶解する性質をもっているため、比較的簡単に鋳造できる利点があります。鋳型(母型)についても砂を固めたものではなく、真鍮を使ったものを採用して、品質精度の高い活字を鋳込めるように工夫したのです。鋳込みによる金属細工の技法がすでに確立されていた事実から、グーテンベルクにも成功の自信があったのではないでしょうか。

印刷機を考案して、手作業では及びもつかない大量複製を可能にしたことも画期的でした。当地で古くから使われていたブドウやオリーブ油の絞り機からヒントを得て、ネジ方式で上から押圧するという仕組みの印刷機を設計したのです。平圧式の凸版印刷機の誕生です。その頃の印刷機は木製で、18世紀末に鉄製に変わるまで同じ型の印刷機が使われてきました。18世紀に入ると、円圧式、輪転式の印刷機械が開発されるのですが、それまで長い間、印刷機の基本的な構造だったのです。

15世紀には、すでに中国から紙の抄造法が伝わっていて、グーテンベルグ誕生のドイツにも本格的な製紙工場が設立されています。印刷に使える紙を手に入れやすくなっていたのは想像に難くありません。絵画用の油絵の具が開発され、それに伴って油性の印刷インキもつくられたのですが、このように、活字印刷術を取り巻く環境がすでに整っていたからこそ、グーテンベルクの発明は成功したといってよいでしょう。後世になって、この活版印刷術は羅針盤、火薬とともに、ルネッサンス期の三大発明といわれたほど、偉大な成果でした。

<< 第3話:世界で初めてつくられた金属製の朝鮮活字 : prev next: 第5話:ヨーロッパで一時期を築いた木版と銅版  >>

▲ページのトップへ