日本フォーム工連について
トピックス&ニュース
委員会情報
技術セミナー
各種情報
出版物案内
会員企業の紹介
会員企業掲載お申し込みはこちら
お問い合わせ
理事会情報
日本フォーム印刷工業連合会平成19年度 第1回理事会議事要録
平成19年4月12日(木)午後1時30分〜3時
日本印刷会館 2階201会議室
出席者(22名)
福田会長、小林副会長、小谷副会長、那須副会長、瀬戸(政)常任理事、小谷(正)常任理事、
大内常任理事、花田常任理事、福田(学)常任理事、瀬戸(良)常任理事、渡辺北海道会長、
笹氣東北会長、大門東北副会長、松尾中部会長、中川関西会長、和田九州会長、吉田理事、
福武理事、石坂理事、吉沢監事、西川監事、中(専務理事・事務局)
議 題 (1)個人情報流出事故について
(2)規約一部改定について
(3)委員会報告
(4)日本印刷産業連合会等関連報告
(5)各工業会報告
議 事 事務局から事務員交替の紹介があった後理事会に入った。  
理事会冒頭、3月15日逝去された城戸前会長の冥福を祈り1分間の黙祷を捧げ、福田会長挨拶の後議事に入った。
福田会長挨拶骨子
3月に会員会社で発生した個人情報漏洩事件はフォーム業界にも確認の問い合わせや現場監査等大きな影響が出ているようだ。システム面でも更に厳しい仕組みづくりをせざるを得ず、大きなコスト負担を余儀なくさせるもので、見積もり面での見直しも必要となってきている。ユーザーの立場は顧客への謝罪、行政への説明、印刷業者への監査など、厳しいものがあり、負担が増えることには繋がるが、フォーム業界の努力に十分理解を得る必要がある。会員のみなさんと知恵を出し合って勉強していきたい。
 個人情報流出事故について

小谷常任理事(日印産連経営労働委員会副委員長)より、3月発生の個人情報漏洩事件以降日印産連が「個人情報保護の徹底に関する要請」の発信に至った経緯が説明され、会員各社内での管理強化へ取り組むよう強い要請があった。
 規約一部改定について

事務局中より、北陸と関東の工業会統合及び期中の役員補充に関し、総会事項として提議する必要な規約改正案が説明された。役員定数として、原案に対し北陸2名減員、関東1名増員が適当との指摘があり修正することとなった。
 委員会報告


資材委員会     
那須委員長より、資料に基づき4月度用紙需給状況の説明があった。

国際委員会     
大内委員長より、資料に基づき3月度レポートの説明があった。  
また、今年度海外研修については早めに検討のうえ、会員へ案内する旨報告があった。

業務委員会     
小谷委員長より、3月度月次計算が報告され了承された。また、1月名簿に基づく各工業会の会費再計算が提示され了承された。

市場調査委員会     
事務局中より、1月実施のマーケット状況説明会受講記録を会報、ホームページに掲載した旨案内があった。

技術委員会    
瀬戸委員長より、5月実施の技術セミナーテーマ、講師等について報告があった。

 日本印刷産業連合会等関連報告

事務局中より、資料に基づき以下の報告があった。
 (1)日印産連会長人事について
 (2)日印産連平成19年度事業計画(案)並びに収支予算(案)について
 (3)印刷図書館創立60周年記念事業報告
 (4)海外視察について(欧州図書館、中国印刷業界)
 (5)技能五輪選手選出について
 (6)下請取引の適正化について(周知)
 (7)コンテンツセミナー開催予定について
 (8)グリーンプリンティング認定工場(第3回)について
 (9)マーケティング・データ・ブック(年報)発刊
 (10)その他
   1.新型インフルエンザ対策について
   2.平成19年度有害ばく露作業報告化学物質について
   3.エピクロロヒドリン等による労働者の健康障害防止対策の徹底について
 各工業会報告

各工業会よりマーケット状況、紙市況、理事会、勉強会、親睦会等開催状況が報告された。 北海道では3月若干好転の兆しが見えた。  
最後に小谷副会長より閉会挨拶があり、次回開催の平成19年度第2回理事会は    
 
平成18年5月10日(木)午後1時30分より    
 
印刷会館501会議室 
を確認し閉会となった。
   
    Copyright (C) 2007 JAPAN BUSINESS FORMS ASSOCIATION. all rights reserved.
会長あいさつ
概 要
あゆみ
事業活動
役員紹介
各地区事務局連絡先
理事会情報
規 定
業界再生検討委員会
資材委員会
国際委員会
業務委員会
市場調査委員会
公正取引推進委員会
技術委員会
環境委員会