日本フォーム工連について
トピックス&ニュース
委員会情報
技術セミナー
各種情報
出版物案内
会員企業の紹介
会員企業掲載お申し込みはこちら
お問い合わせ
理事会情報
日本フォーム印刷工業連合会 平成20年度 第2回理事会議事録
平成20年5月8日(木)午後1時30分〜3時15分
日本印刷会館 2階201会議室
出席者(25名)
福田会長、小林副会長、小谷副会長、六反田副会長、瀬戸(政)常任理事、室賀常任理事、
大内常任理事、小谷常任理事、花田常任理事、福田(学)常任理事、瀬戸(良)常任理事、
佐々木常任理事、渡辺北海道会長、笹氣東北会長、松尾中部会長、中川関西会長、
灘西中国会長、宇都宮西中国副会長、和田九州会長、坊野(吉田理事)代理、福武理事、
石坂理事、西川監事、吉澤監事、中(専務理事・事務局)
議 題 (1)メーカー用紙価格値上げ問題について
(2)平成20年度通常総会について
(3)委員会報告
(4)日本印刷産業連合会等関連報告
(5)各工業会報告
 
議 事 冒頭福田会長の開会挨拶があった後議事に入った。
福田会長挨拶骨子
5月後半北京で講演会を予定しているが、一番の心配は、日本の常識が中国の非常識になっていないかということだ。講演原稿を事前に中国の人に見てもらったところ、文章中「・・・私の父が中国から復員してきたことが一番うれしかった・・・」というくだりが一番にチェックされた。“中国へ戦争に行って帰ってきたことが一番うれしかった”などとんでもない事だと言うわけで、全く意識していなかっただけに外国で話をする事は難しいものだと実感した。一方、料亭「船場吉兆」の事がニュースで話題になっているが、我々も、“もったいない”の気持ちで収益を思うあまり、品質の基準を落としたり、機械の定期点検を怠ったりしていないか、他山の石として十分注意しなければならないと感じている。

 
 1. メーカー用紙価格値上げ問題について<資料> 用紙価格値上げ関連資料
事務局より資料に基づき、4月14日、16日日印産連傘下10団体へ用紙代理店3社及びメーカー2社から用紙値上げについての説明があった内容について報告があり、各理事の意見交換が行われた。 フォーム工連としては、具体的な取引条件に踏み込むことは出来ないので、日印産連と歩調を合わせて、あくまで値上げ反対の立場をとることとする。一方で、諸物価上昇の動きも明白となっているので、昨年来の用紙その他資材の値上がり状況をユーザーに理解を求め、適正価格での取引を要請する団体としての文書も準備が必要として、資材委員会、公正取引推進委員会の協力の下に、事務局で文案作りに入ることとなった。また、業界全体として過剰気味となっている設備について、何らかの対応策の検討が必要との意見が一致した。
 2. 平成20年度通常総会について<資料> 同左開催案内(案)
<資料> 平成19年度事業報告・決算報告(案)
事務局より資料にもとづき、平成20年度通常総会召集案、平成19年度事業報告・決算報告案の説明があり、了解された。総会日程:6月10日午後4時〜 場所:銀座ラフィナート。 
また、前回理事会に提示した平成20年度予算案に対し、年度内で積立金を200万円積み増すことに修正することが提案され、了解された。
 3. 委員会報告

(1) 資材委員会
・ 5月度用紙事情について <資料> 用紙事情説明メモ
室賀委員長より、資料に基づき5月度用紙事情が報告された。3月暫定数値で、用紙全体の生産、国内払出は前年並みであったものの、フォーム用紙、ノーカーボン紙は各々大幅に落ち込んでいる。一方で、コート紙、微塗工紙の輸出が対前年で140%、273%と大幅に伸びている。
(2) 業務委員会
・ 「工連運営会議」(日程)について <資料> 平成20年会議日程表
・ 4月月次計算について<資料> 4月度月次計算書
小谷委員長より、資料に基づき、工連運営会議日程が確定した旨報告があった。また、4月月次の報告があり了解された。
(3) 技術委員会
・ 技術セミナー「DRUPA報告会」について
瀬戸委員長より、次回セミナーを7月7日に予定し準備を進めている旨報告があった。
(4) 環境委員会
六反田委員長より、20年度事業計画のうち、セミナー開催は各社の環境経営についてのパネルディスカッションを予定、また、廃棄物ゼロエミッションへの対応は日印産連の動きと呼応したCO2削減活動に重点を置くこととする旨報告があった。
(5) 個人情報保護法研究会
・ 工程別個人情報保護ガイド改訂版発行について <資料> 同左改訂にあたって
事務局より、同上ガイド改訂版を5月末発行ですすめている旨報告があった。
 
 4. 日本印刷産業連合会等関連報告

事務局より、資料に基づき以下の報告があった。

(1) 日印産連表彰の推薦に関する件<資料> 同左
・ 6月6日までに各工業会から事務局へ推薦をあげるよう要請があった。
(2) 特定業種指定に関する件
・ 日印産連調査では、平成20年1月〜3月の出荷高は対前年マイナス3%程度であったので、引き続き調査の上申請の是非を検討。
(3) WPCF理事会・環境カンファレンス開催について<資料> 同左参加登録用紙
・ DRUPAでの同上カンファレンスへの参加は事前登録が必要。
(4) 地球温暖化対策・循環型社会形成の自主行動計画について<資料> 同左案
・ 業界の自主行動計画策定に向けたアンケートを予定している。
 5. 各工業会報告
  各地区会長より総会開催予定、マーケット状況、用紙値上がり状況、設備廃棄・集約への活動状況等報告があった。
  
最後に小谷副会長より閉会挨拶があり、次回開催日 
平成20年6月10日(火)午後4時〜 
於銀座ラフィナート7F汐風(平成20年度通常総会、第3回理事会)
を確認し閉会となった。
   
    Copyright (C) 2007 JAPAN BUSINESS FORMS ASSOCIATION. all rights reserved.
会長あいさつ
概 要
あゆみ
事業活動
役員紹介
各地区事務局連絡先
理事会情報
規 定
業界再生検討委員会
資材委員会
国際委員会
業務委員会
市場調査委員会
公正取引推進委員会
技術委員会
環境委員会