日本フォーム工連について
トピックス&ニュース
委員会情報
技術セミナー
各種情報
出版物案内
会員企業の紹介
会員企業掲載お申し込みはこちら
お問い合わせ
 
理事会情報
日本フォーム印刷工業連合会 平成22年度 第1回理事会議事要録
平成22年4月8日(木)午後1時30分〜2時45分
日本印刷会館 2階 201会議室
出席者(21名)
秋山会長、小林副会長、小谷副会長、瀬戸副会長、小谷(正)常任理事、玉田常任理事、
丹羽常任理事、岡田常任理事(代理佐々木様)、川口常任理事、中村常任理事、福田常任理事、
笹氣常任理事、松尾常任理事、中川常任理事、佐々木常任理事、福武理事、石坂理事、
坊野理事、西川監事、吉澤監事、山口(専務理事事務局)
議 題 (1)委員会報告
(2)日本印刷産業連合会等関連報告
(3)各フォーム印刷工業会からの報告

 

議 事 冒頭、秋山会長の開会挨拶があり議事に入った。
秋山会長挨拶骨子
新聞紙上では新興国の旺盛な需要や株高、金融緩和によるマネーの拡大によって、原油や銅などの資源価格が上昇してきている。そこで、日本は構造的な需要不足による「デフレ」と「資源高」の挟み撃ちで苦しむ可能性があるといっている。  
我々の環境としても。2月のチリ地震をきっかけとして、パルプの世界の9%を供給しているチリ工場の操業停止で、国際価格が上昇していることに加えて、重油などの原燃料費の上昇で、製紙価格が値上げに動くとの見方が出てきており、今後の動向に注目してゆく必要がある。
 
 1. 委員会報告
●資材委員会  
  4月度用紙事情説明についての報告があった。  
  印刷情報用紙の国内出荷は、前年同月比3.0%増で3カ月連続のプラスであるが、前々年同月比では24.5%減と大きく落ち込んでいる。  
  ダンボール原紙については前年同月比111.3%、オフセットインキの状況は前年同月比8.7%減になっている。
●国際委員会
・PSDAレポート3月号の概要報告。
・IPEX2010(英国バーミンガム)視察ツアーについての詳細説明。
・上海印刷展示会と、中国BF印刷業界との懇親会(上海7月4日から5日間)を提案。
●業務委員会    
  3月度月次計算についての報告と、来期平成22年度事業計画案を説明した。
●市場調査委員会  
  事務局の山口から市場調査委員会主催セミナーについての報告があった。参加者は約80名で熱心に(株)ドリームビジョンの平石社長様から、BF市場を取り巻く大きな変革についての説明を聴講した。また、新聞折込みチラシ業界の鍋島本部長補佐様にも加わって頂き、パネルディスカッションを行った。(講演内容はホームページに掲載予定)
●技術委員会  
  4月16日に開催する技術セミナー「ユニバーサル デザインについて」の開催を報告。  
  カラ―ユニバーサルデザインについて「色彩」の視点から、東洋インキ製造(株)カスタマーネットワーク本部マーケティング部 武田部長様から、情報をより正確に伝えるための「モリサワUD書体」として「フォント」の視点から、(株)モリサワ フォント企画部 阿野係長様が講演する。(配布資料はホームページに掲載)
●環境委員会
・第9回印刷産業環境優良工場表彰の応募を締め切った。今回からより多くの工場から環境優良工場表彰への応募頂ける様に、各社工場単位で申込みが可能な第1次審査を設けたのでフォーム工連から5事業所からの応募を頂く。
   
 2. 日本印刷産業連合会等関連報告
 

   事務局山口より、資料に基づき以下の報告があった。
(1) 日印産連・平成22年度事業計画概要並びに収支予算(案) 
(2) WPCF理事会出席報告
(3) 下請取引の適正化等に係る要請文書について
(4) GP資機材認定制度について
(5) デジタルネットワーク社会における出版物の利活用の促進に関する懇談会(総務、文部科学、経済産業)合同」発足について(詳細内容は「トピックス」に掲載)

   
 3. 各工業会報告
 

関東工業会報告(瀬戸会長)
10月の関東主催の持ち回り理事会を箱根で開催すべく、準備委員会を結成して準備開始した。この理事会には、特別会員の各社もお呼びして、関東理事会も合同で実施する予定。
北海道工業会報告(川口会長)
北海道の会員各社の状況は、3月は例年同様の仕事量が確保されたが、4月に入ってからは良くない。道内で26社が全印工連から退会されたと聞くが、フォーム工連から退会した会員はない。
東北工業会報告(笹氣会長)
今後は若い人に次を託すべく次期役員人事を検討している。5月14日に総会を山形で開催予定。
厳しい経営環境ではあるが退会者が出ないように努力したい。
中部工業会報告(松尾会長)
経済環境の厳しい中、退会者が数社あります。中部では5月25日に定期総会と坂本教授をお招きして記念講演会を開催する。
関西工業会報告(中川会長)
先月は保険法改正に伴う仕事があったようだが、4月に入ってからは良くない。4月22日には大阪で勉強会を開催する予定。

●その他提案  
各会員への情報提供として、東京で行なっている各種セミナー等をリアルタイムに地方会員に提供できる施策を検討して欲しい。このことによって会員として参加しているメリットが享受できると思う、との提案があり、事務局で検討することとなった。
 
最後に小谷副会長より閉会挨拶があった。
「小谷副会長挨拶骨子」  
年度はじめの大変お忙しい中お集まり頂きましてありがとうございます。  
気候の方は少し過ごし易くなってきましたが、景気の方はもう一つという中ですが、印刷業界では電子書籍とかツイッターとか、紙以外の媒体の話がどんどん出てきて、その上に環境にも気を使う必要もあり厳しい年度初めです。しかし、ピンチの時にはチャンスとして私は考えたいと思います。是非ともフォーム工連の組織を梃子にして、皆さんとともにピンチの状況をチャンスに変えて行きたいと思っています。

次回 平成22年度第2回理事会 
    開催日 平成22年5月13日(木)   
    時  間 午後1時30分より   
    場  所 日本印刷会館2階201会議室
を確認して閉会となった。

   
    Copyright (C) 2007 JAPAN BUSINESS FORMS ASSOCIATION. all rights reserved.
会長あいさつ
概 要
あゆみ
事業活動
役員紹介
各地区事務局連絡先
理事会情報
規 定
業界再生検討委員会
資材委員会
国際委員会
業務委員会
市場調査委員会
公正取引推進委員会
技術委員会
環境委員会