日本フォーム工連について
トピックス&ニュース
委員会情報
技術セミナー
各種情報
出版物案内
会員企業の紹介
会員企業掲載お申し込みはこちら
お問い合わせ
 
理事会情報
平成22年度通常総会並びに理事会を開催
ホテル銀座ラフィナートで6月8日に平成22年度通常総会を開き、任期満了に伴う役員改選で秋山正法会長に代わって小谷達雄氏が新会長に選任された。
冒頭あいさつで秋山会長は「我が国の景気については、回復基調に入って持続力を示しているとも報じられています。しかしながら、一方、ビジネスフォーム業界は、相変わらずの厳しい状況が続いており、先行きは不透明のままとなっておりますが、我々としては、明るさを失わず、前進してゆきたい」と述べた。
小谷会長総会挨拶
続いて、秋山会長を議長に選任して審議を行ない、第1号議案「平成21年度事業報告並びに収支決算報告承認の件」、第2号議案「平成22年度事業計画案並びに収支予算案承認の件」、第3号議案「任期満了に伴う役員選任の件」を審議し、いずれも満場一致で承認した。  
平成22年度業務計画の方針として、業界基盤の整備と体質強化を図り、広く印刷産業全般の総合的発展を図るため、委員会活動を中心として諸施策を実施していく。  
主な委員会活動として、業務委員会では、地区工業会との交流を深め、会員増強と活動の活発化を図るため、企業経営に関する講演会・セミナーを年4回以上開催する。また、タイムリーなホームページ掲載、会報の定期発行など広報活動の充実を図る。 資材委員会では、用紙事情調査を継続実施するとともに、資材知識向上のための工場見学会やセミナーを開催する。  
国際委員会では、海外フォーム印刷事情を調査・分析するため、5月に開催されるIPEX 2010(英国)を視察するほか、7月には上海印刷展示会の視察および中国BF印刷分会との交流事業を計画している。 市場調査委員会では、平成22年度についてもアンケート調査を実施し、市場動向を調査分析し調査報告書を通じて会員へ事業方針策定資料として提供していく。  
役員改選では、各工業会から推薦された理事候補者36人、監事候補者2人を承認したのち、第3回理事会を開催し、副会長の小谷達雄氏を新会長に選任した。  
退任挨拶で秋山前会長は「2年という短い期間でしたが、経済界・政界ともに激動のなかにあって我々の業界も激しい荒波を受け、現在も先行きの明るさが見えず、全く不透明のままです。
しかし、この間、皆の支援・ご協力を賜り、なんとか大過なく過ごすことができ、厚く御礼申し上げる。フォーム工連では会員数の減少など、課題が多いが、小谷新会長には業界のリード役としてご尽力をいただきたい」と感謝の意を表した。
新任あいさつに立った小谷新会長は「大変厳しい経済状況の中、皆様のご協力なしでは伝統あるフォーム工連の活動はしていけないのでご協力をお願い致したい」と、活動への理解と協力を呼びかけた。
総会議案第1号議案 平成21年度事業報告並びに収支決算報告承認の件
第2号議案 平成22年度事業計画案並びに収支予算案承認の件
第3号議案 任期満了に伴う役員改選の件
理事会議案 第1号議案 会長選任の件
第2号議案 副会長、専務理事、常任理事指名の件
第3号議案 委員会委員委嘱の件
第4号議案 顧問委嘱の件
平成22年度事業計画
業界基盤の整備と体質強化を図り、広く印刷産業全般の総合的発展を図るため、平成22年度は以下の項目を重点的に推進する。
1. 日印産連事業活動へ積極的な参画
  主要構成員として、日印産連事業活動へ積極的に参画し、企業の社会的責任と印刷産業全般に亘る課題の解決に取り組み、理事会、広報を通じ会員への周知と啓蒙を行なう。
日印産連が主催するセミナー、報告会他各種行事への参加を積極的に進め、知識の共有と交流を図る。
  2. 委員会活動による課題の討議と諸施策を実施
    (1) 業務委員会
   ・

   ・
 



 ・

地区工業会との交流を深め、会員増強、工業会活動活性化の具体策を検討、実施する。
 ―企業経営に関する講演会・セミナーを最低年4回実施する。
 ―地区工業会と協議して講演会及びセミナーを各地区でも開催を計画する。
広報活動の充実を図る。
 ―タイムリーなホームページ広報
 ―セミナー及び講演会等のオンライン配信
 ―プレス(報道機関)懇親会を計画
 ―会報定期発行(4回/年)
業界の重要課題を各委員会と連携して抽出し、工連運営会議での迅速な方向付けを図る。
    (2)資材委員会
     ・
 ・
 ・
 
用紙事情調査を継続実施し、理事会等を通じ資材動向を周知する。
会員会社社員の資材知識向上のため工場見学・セミナー等企画検討する。
諸資材に関する課題検討を進める。
 ―インキ及び補助材等に関する勉強会やセミナーを開催
    (3)国際委員会
     ・


 ・
海外フォーム印刷事情を調査、分析し、理事会報告を通じ会員へ周知する。
 ―PSDAレポートの継続発信
 ―各種海外情報の広報
海外視察ツアーを実施し、会員の研鑽及び海外企業、団体との交流を図る。
 ―5月IPEX2010視察及び企業訪問の実施
 ―7月 中国上海印刷展示会視察及び中国BF印刷分会との交流事業を推進し、中国印刷協会成立30周年記念大会へも参加
 ―海外視察報告会の開催
    (4) 市場調査委員会
     ・ 市場動向を調査分析し、調査報告書等を通じ会員への事業指針を提示する。
 ―マーケットを中心としたセミナー及び勉強会の実施
 ―平成21年度実績を反映させたアンケート調査を実施予定
 ―調査結果の分析と報告書の作成
 ―市場における業界共通課題抽出
    (5)技術委員会
     ・




 ・
技術面から見た業界の進む方向を協議し、必要テーマについてセミナー、見学会等を企画し実施する。
 ―主催及び共催セミナーを実施
 ―業態変革に関わる技術に対してタイムリーな時にタイムリーな内容のセミナーを実施する。
エネルギー削減分野に着目し、新技術情報の共有化を進める。
    (6)公正取引推進委員会
     ・

 ・
独禁法遵守と啓蒙の為の諸施策を推進する。
 ―各委員会施策、成果物の適法性確認
契約、積算基準の適正化を推進する。
 ―経済調査会等印刷価格調査に協力
    (7)環境委員会
     ・
 

 ・


GP工場認定、第三者認証制度の普及啓蒙と認定・認証の取得しやすい環境作り、情報提供を通じ取得支援を行なう。
 ―認証取得支援情報の提供
印刷産業全体で進めるCO2削減活動、廃棄物削減活動(地球温暖化対策・循環型社会形成の自主行動計画)を推進する。
―日印産連自主行動計画への参加
―CO2削減、廃棄物削減の実態把握と情報共有を図る。
    (8)理事会
     ・

 ・
 
業界及び工連運営に関わる重要事項を協議決定する理事会を定期開催し、会報及びホームページ等を通じ会員に周知する。
業界の発展、社会貢献の方向性を探る政治経済動向、社会的責任課題等についての理事研修会を実施する。
   
    Copyright (C) 2007 JAPAN BUSINESS FORMS ASSOCIATION. all rights reserved.
会長あいさつ
概 要
あゆみ
事業活動
役員紹介
各地区事務局連絡先
理事会情報
規 定
業界再生検討委員会
資材委員会
国際委員会
業務委員会
市場調査委員会
公正取引推進委員会
技術委員会
環境委員会