日本フォーム工連について
トピックス&ニュース
委員会情報
技術セミナー
各種情報
出版物案内
会員企業の紹介
会員企業掲載お申し込みはこちら
お問い合わせ
 
理事会情報
日本フォーム印刷工業連合会 平成23年度 第8回理事会議事録
平成24年1月26日(木)午後2時15分
目白・椿山荘「カシオペア」
出席者(23名)
小谷会長、櫻井副会長、瀬戸副会長、小谷(正)常任理事、中村常任理事、丹羽常任理事、
神崎常任理事、玉田常任理事、越智(大久保常任理事)代理、福田常任理事、佐藤常任理事、
佐久間常任理事、杉山常任理事、清水常任理事、林常任理事、佐々木常任理事、福武理事、
石坂理事、坊野理事、溝口理事、西川監事、吉澤監事、山口(専務理事事務局)
議 題 (1)委員会報告
(2)日本印刷産業連合会等関連報告
(3)各フォーム印刷工業会からの報告



議 事 冒頭、小谷会長の開会挨拶があり議事に入った。
小谷会長挨拶骨子
あけましておめでとうございます。  
昨年は地震で佐久間会長の東北を中心に大変ご苦労されましたが、東北以外でも紙だ、電気だ、と苦労が多い年でした。是非、今年は明るい年にしたいと思っている。昨年多くの問題が起こったので、改善や工夫も大きく進んで、良くなる方向へ動いて行く期待をもって新年を迎えた。  
今年は辰年で登り龍と言われていますが、登り龍は足が地についていないのであまり良くない。  
私も天高く雲を登る様な登り龍にはなれないので、地に足を付けて、上を向いて今年は目指して行きたい。  
是非とも皆さんとともに上を向いて前向きにドンドンやって行きたい。
 1. 委員会報告
●資材委員会
 ・12月・1月度用紙事情について報告
●業務委員会
 ・11月・12月度月次計算について
 ・Page 2012出展準備について
●国際委員会
 ・11月度米国レポートの報告  
 ・drupa 2012ツアー企画について
●市場調査委員会
 ・平成23年度市場調査報告書発行案内
●技術委員会
 ・「IGAS2011から学ぶ」セミナー開催
●環境委員会
 ・2011年夏季節電についての取組みまとめ
   
 2. 日本印刷産業連合会等関連報告
事務局山口より、資料に基づき以下の報告があった。
(1)月刊カーボンフットプリント  
(2)「カーボンフットプリント制度」のご案内
(3)グリーンプリンティング認定工場
(4)平成24年経済センサス−活動調査への協力について
(5)日本印刷新聞(2012年1月1日号) 
(6)印刷タイムス(2012年1月10日号)
   
 3. 各フォーム印刷工業会からの報告
 

・関東フォーム印刷工業会(瀬戸会長)
支部主催で資産工学研究所の坂本所長を再度お招きして、ナレッジマネージメントについての勉強会を行なった。
また、恒例になっている一泊泊まりの伊東での理事研修会を行なった。さらに会員各社の設備を有効に使い合おうとの一環として、木万屋さんの設備の見学会を行なった。今日は講演会の後、関東主催の新春懇親会がありますので是非、ご参加下さい。

・北海道フォーム印刷工業会(佐藤会長)
北海道としての良いニュースは新幹線の延長が決まったことです。ただ完成は25年後とのことですが、建設や土建業の方々は喜んでいます。
昨年の11月末に毎年行なっているセミナーと忘年会を37名の参加を頂き実施した。1月10日に印刷関連企業の新年会があり、本年は全印工連の全国大会を北海道で行なう予定であるが、道内の会員が年々減少していて参加宿泊者も前回の半数になってしまう。フォーム印刷工業会からは14名の参加があり「フォームさんは非常に元気で仲が良いですね」と言われ、全国大会の手伝いをする予定。

・東北フォーム印刷工業会(佐久間会長)
昨年は本当に沢山のご支援を頂きましてありがとうございます。昨日仙台で役員会、講演会、新年会を開催した。今年は6月6日に東北工業会の40周年があるので、実行委員会の設置など具体的な準備を始めている。この関係で例年5月に行なっていた総会を6月に移動し、秋の工場見学会を5月に移動したり、例年とは異なるスケジュールになるが、全員で力を合わせて頑張ろうと役員会で話しあった。
今日公演頂きます「はせがわ」先生のカレンダーも3,600〜3,700セット販売することができ、12月末に福島県の動物救護本部に35万円を寄付させて頂きました。今年もまだまだ東北は辛い日々が続くと思いますが、東北会員全体で頑張って行きたいと思います。

・中部フォーム印刷工業会(杉山会長)
11月17日にブライター・レイターの山下氏を迎えた研修会を実施し、約50名が参加した。これからの印刷業界における様々な示唆を山下氏から頂いた。12月8日には忘年会を兼ねた懇親会を行なった。今年の理事会は2月からスタートするが、各社が原紙の値上げ等で苦慮している状況の報告があった。

・関西フォーム印刷工業会(清水会長)
関西からは大阪市長の選挙も終わり、新しい体制で活性化を図って行く事への期待が高まっている。1月19日に堂島ホテルで講演会と互例会を開催。講演会ではシンガーソングライターの河島翔馬さんをお迎えし、アナウンサーの原田年晴氏とのパワートークショー&ライブを行ない、「関西は今年こそ元気を出してゆこう」とアピールした。
溝口支部長からは2月16日に開催する業界セミナーの案内があった。今まで以上に全国に向けて、関西の元気さを出そうと活動する「これからのBFを考える」とのテーマで、各社がどのように動くべきか、また動かねばならないかについて、意見交流のセミナーを開催する。

最後に櫻井副会長より閉会挨拶があった。
「櫻井副会長挨拶骨子」
本日はご出席の皆さんから貴重なご意見を聴かせて頂いた。是非、全国レベルでの活動をしていきたい。今日の市場調査委員会の報告では、各社の売上が安定的であるとの結果で、これがフォーム業界の強みであるのか。商業印刷での経験では、毎日毎日がゼロからの出発なので、売上が安定的にあることはあり得ない分野。経済産業省のホームページには日本の今後や、経済状況のレポートが様々掲載されているので、是非、見て欲しい。
今後、少子高齢化で繁栄する企業はこれからはない、という前提の基に新しいビジネスを模索して行くことが本当に大切で、小集団活動のように勉強会をきちっとやって行く事が必要だと思う。
ビジネスモデルの変換や、事業構造の改革との言葉が独り歩きしているが、これを実行して成功した会社は日本には一つもなく、非常に難しい。フォーム業界でも次のものに変化していかなければならない。
今年は新しい強みを発揮できる業界にしたいと思う。

次回の平成23年度第9回理事会は
 開催日 平成24年3月8日(木)
 時  間 午後1時30分より
 場  所 日本印刷会館2階 201会議室
を確認して閉会となった。

   
    Copyright (C) 2007 JAPAN BUSINESS FORMS ASSOCIATION. all rights reserved.
会長あいさつ
概 要
あゆみ
事業活動
役員紹介
各地区事務局連絡先
理事会情報
規 定
業界再生検討委員会
資材委員会
国際委員会
業務委員会
市場調査委員会
公正取引推進委員会
技術委員会
環境委員会