日本フォーム工連について
トピックス&ニュース
委員会情報
技術セミナー
各種情報
出版物案内
会員企業の紹介
会員企業掲載お申し込みはこちら
お問い合わせ
 
理事会情報
日本フォーム印刷工業連合会 平成23年度 第5回理事会議事録
平成23年9月20日(火)午後1時15分
ホテルニューオータニ ラピス・
出席者(22名)
小谷会長、瀬戸副会長、小谷(正)常任理事、中村常任理事、丹羽常任理事、 神崎常任理事、
玉田常任理事、大久保常任理事、福田常任理事、佐藤常任理事、佐久間常任理事、
杉山常任理事、清水常任理事、灘常任理事、林常任理事、佐々木常任理事、福武理事、
石坂理事、滝本理事、西川監事、吉澤監事、山口(専務理事事務局)
議 題 (1)委員会報告
(2)日本印刷産業連合会等関連報告
(3)各フォーム印刷工業会からの報告


議 事 冒頭、小谷会長の開会挨拶があり議事に入った。
小谷会長挨拶骨子
今日は理事会の後、日印産連主催の記念講演会、記念式典、さらに懇親会が予定されている。  
9月に入って3月11日の大震災から半年が過ぎ、9月11日(アメリカ同時多発テロ事件)からは10年を迎える。東北地区では今だに大変な状況ではあるが、早く復興して欲しいと願っている。  
本日の日印産連の記念式典の中で「印刷文化典アピール」を読まさせて頂くが、大変良い内容なので少し紹介したい。 「印刷産業が社会にとって必要不可欠な存在であり続けるために、私たちは、その存在価値を明確にし、今まで培ってきた技術とノウハウをもう一度見直し、新たなビジネスモデルの構築が求められている」(2011年印刷文化典アピール抜粋)  
私たちフォーム印刷分野に於いても、社会にとって必要不可欠で有り続ける必要があるために、今まで培って来た技術やノウハウを改め、新たなるビジネスモデルを構築して行くことが大事である。  
来月は多少不便ではあるが、数年前に関東と一緒になった北陸地区の金沢で、持ち回り理事会を開催するのでお集まり願いたい。
 1. 委員会報告
  ●資材委員会
 ・8・9月度用紙事情について報告
●業務委員会  
 ・7・8月度月次計算について
 ・平成23年度第2回講演会(講師:友成真一教授)報告
●国際委員会
 ・8月度米国レポートの報告 
●市場調査委員会
 ・平成23年度市場調査アンケート実施について
●技術委員会
 ・「IGAS2011から学ぶ」セミナー開催案内
●環境委員会
 ・7・8月度活動報告 
   
 2. 日本印刷産業連合会等関連報告
 事務局山口より、資料に基づき以下の報告があった。 
(1)グリーンプリンティング工場認定制度
(2)「化学物質対策基本法」について
(3)下請代金法・下請ガイドライン説明会
(4)JAGAT米国視察「アメリカで見たソリューション」 
(5)JAGAT「PRINTCHINA2011」視察報告
 
 3. 各フォーム印刷工業会からの報告
  ・北海道フォーム印刷工業会報告(佐藤会長)
北海道では8月24日に親睦のゴルフコンペを開催し、前日の23日には参加された方々との情報交換会も併せて実施した。震災以来、北海道地区では用紙の調達状況が悪く、9月までには解決するとの情報でしたが、今だに改善されず、年内一杯は難しいのではと思う。
この後の日印産連式典では、印刷振興賞を川口前会長が受賞することになり感謝致したい。
・東北フォーム印刷工業会報告(佐久間会長)
震災に際しては引き続きご心配と支援を頂き感謝している。8月10日に理事会と納涼会を実施した。この理事会では、来年は東北フォームの40周年に当たるので、まだ詳細や会場については未定であるが、6月6日に記念式典を開催致す事を決定した。  
福島、宮城、岩手の印刷会社の大半は既に復旧しているが、私たちのお客さんの方々の復旧や、原発の影響が大きい福島では、まだまだの状況である。  
ここに来て精神的な疲労が重なっているのか、ちょっとした事故や、交通事故が多発している。
・中部フォーム印刷工業会報告(杉山会長)

中部地区では、自動車関連企業による輪番稼働の節電協力により、ひっ迫した電力事情には至らなかったが、来年の夏についての課題は継続的にある。中部地区でのビジネス状況は震災直後から復活しつつあるが、元の状況には戻っていない。9月27日には理事会に合わせて懇親会を開催する予定である。
・関西フォーム印刷工業会報告(清水会長)
9月12日に開催された「ARシティ大阪」サミットのセミナーに会員各社が参加した。このARについては京都の印刷工業組合でも啓蒙活動として取り上げ、プロモーションを行なっている。また、8月25日の例会に合わせたプチ勉強会には23名が参加し、メディアテクノロジージャパンの講師からIGAS2011出展情報などについて講演を頂いた。
・西中国フォーム印刷工業会報告(灘副会長)
現在、西中国地区の正会員は6社で、山口県1社、島根県1社、広島県4社で構成されている。各社はフォーム印刷より一般印刷やその他の売上が大きく、広島県印刷工業組合にも参加しており、フォーム印刷を通してのつながりは一部を除いてあまりない状況である。
 
最後に瀬戸副会長より閉会挨拶があった。
「櫻井副会長挨拶骨子」
関東フォームとして8月には講演会に続いて夏季懇親会を開催したが、今後は年末に向けて、11月の懇親ゴルフコンペ、12月開催の一泊の役員研修会と行事が続く予定。   <br> 今日、日印産連式典で表彰されます笹氣さん、川口さん、高宮さん、本当におめでとうございます。次回、金沢での持ち回り理事会では、会員以外の方々や、関東や関西から特別会員の方々も参加して頂く予定なので、大いに懇親を深めて欲しいと願っている。

 次 回 平成23年度第6回理事会(持ち回り理事会)
 開催日 平成23年10月13日(木)
 時 間 午後3時30分より
 場 所 ANAクラウンプラザホテル金沢 瑞雲の間
を確認して閉会となった。

   
    Copyright (C) 2007 JAPAN BUSINESS FORMS ASSOCIATION. all rights reserved.
会長あいさつ
概 要
あゆみ
事業活動
役員紹介
各地区事務局連絡先
理事会情報
規 定
業界再生検討委員会
資材委員会
国際委員会
業務委員会
市場調査委員会
公正取引推進委員会
技術委員会
環境委員会