日本フォーム工連について
トピックス&ニュース
委員会情報
技術セミナー
各種情報
出版物案内
会員企業の紹介
会員企業掲載お申し込みはこちら
お問い合わせ
 
理事会情報
日本フォーム印刷工業連合会 平成24年度 第4回理事会議事録
平成24年7月12日(木)午後1時30分
日本印刷会館2階 201会議室
出席者(24名)
櫻井会長 小谷副会長 瀬戸副会長 玉田常任理事 池田常任理事  林常任理事 神崎常任理事
土屋常任理事 越智(大久保常任理事)代理  福田常任理事 佐久間常任理事 杉山常任理事
溝口常任理事  太田常任理事 佐々木常任理事 福武理事 石坂理事 坊野理事 北原理事 
滝本理事 谷島(西川監事)代理 寺山監事 四方裕会員 山口(専務理事事務局)
議 題 (1) 委員会報告
(2) 日本印刷産業連合会等関連報告
(3) その他資料・ご紹介
(4) 各フォーム印刷工業会からの報告


議 事 冒頭、櫻井会長の開会挨拶があり議事に入った。
櫻井会長挨拶骨子
今回の理事会は新しい体制でスタートの理事会になります。私の目にはフォーム印刷は面白く広がりがある。私は業界の発展のために尽くすことを誓いたいと思います。
フォーム業界が活性化するように活動したいが、アゲインストの雰囲気だけがクローズアップされている。IT化の問題とか、iPadの問題 電子決済の問題など、アゲインストにはならない戦略を持って臨めば、フォーム印刷業界は大きなうねりとなって来ると予感している。
印刷物の潮流の波は我々の所に来ているとの意識を持って活動して行きたい。今 我々に必要なことは、成長戦略と経営基盤の強化の2つだけです。成長戦略とは新しい製品開発、新しい商品開発、提案力の強化、受託体制の整備。経営基盤については財務内容を強化することで、徹底的な無駄の排除の実行です。
フォーム印刷業からかけ離れたことではなく、地に足のついたシンプルな目標を、皆さんと同じ土壌の中で新しい芽を育てて行くことで、フォーム印刷産業全体のパイの大きさに結び付けて行きたい。
 1. 委員会報告
(1) 資材委員会
 ・7月度用紙事情について報告
 ・インドネシア産カットシートに係る不当廉売関税の課税に関する件
(2) 業務委員会
 ・6月度月次計算報告
 ・特別講演会(6/12開催)の報告
 ・夏季講演会(8/26開催予定)の案内
(3) 国際委員会
 ・6月度米国レポートの報告
(4) 技術委員会
 ・Drupa2012・Xplor Internationalセミナー開催報告
(5) 環境委員会
 ・環境委員会6月度活動を報告  
 ・胆管がんに関する一斉点検結果の取りまとめ等についての報告(厚生労働省資料)
(6) 市場調査委員会
 ・平成24年度版市場報告アンケート調査について  
   
 2. 日本印刷産業連合会等関連報告
事務局山口より、資料に基づき以下の報告があった。
(1) グリーンプリンティング認定工場一覧
(2) JAGAT大会2012特別講演会(6/22開催)の報告
(3) 業種別下請代金法・下請ガイドライン説明会
   
 3. その他資料・ご紹介
(1) 「印刷産業における環境関連法規集(2012年度版)」 日印産連書籍紹介
(2) 「オペレータ教育用 基本から解る枚葉オフセット印刷技術」 日印産連書籍紹介
(3) 「未来を破壊する(Disrupting the Future)」 書籍紹介
   
 4. 各フォーム印刷工業会からの報告
 

・関東フォーム印刷工業会報告(瀬戸会長)
現在 関東は2支部の体制で活動している。企業の生き残り戦略として技術的協力や生産設備の 共同使用の検討を進めているが、様々な障害もあり具体的な活動までには至っていない。しかし  このような芽を大事にして育てて行きたい。
8月にはフォーム工連の夏季講演会に併せて関東フォーム印刷工業会主催の夏季懇親会を椿山荘で開催する。例年通り関東会員のみではなく皆さんにご参加頂き、懇親を深めて頂きたいと思う。

・東北フォーム印刷工業会報告(佐久間会長)
少し時間が過ぎて仕舞いましたが、東北フォーム印刷工業会の40周年式典には全国から多くの方々にご参加頂き、盛況に開催することができ感謝している。今月の27日には労働衛生安全セミ ナーが仙台で開催されるので、同セミナーに参加後、役員会と納涼会を実施する予定。
8月末には40周年の記念としてウランバートル訪問旅行を行なう。笹氣前会長がモンゴルに高校を建てる支援活動を行なっていることと、私もモンゴルのマンホールピープルに対する支援を20 〜30年前から行なっていることもあり今回の企画になった。
10月11日には持回り理事会を裏磐梯猫魔ホテルで開催致しますのでご案内致します。

・中部フォーム印刷工業会報告(杉山会長)
5月25日に平成24年度の定期総会、記念講演会、懇親会を70名が開催した。講演会では静岡大学名誉教授の小和田哲男氏が「信長・秀吉・家康に学ぶ経営戦略」をテーマに講演した。今度 9月には納涼の懇親会も予定している。

・関西フォーム印刷工業会報告(溝口会長)
6月28日に大阪支部主催で私が講師になってdrupa報告会を行なう。また 同日京滋支部でもモトヤ様の協力によりdrupa報告会を行なった。
6月14日〜16日までJP展が行なわれ、関西会員の方々とフォーム工連事務局から出展して、多くの方々に来て頂いた。
7月5日に特別会員も参加されて28社65名が集まってビアーパーティを開催した。 8月1日に関西で開催される「印刷事業所における労働安全衛生対策セミナー」には全会員が真剣に受講するように通達を出している。また同セミナーで配布される「印刷職場の労働衛生管理」を全会員に配布する事も検討している。
四方社長からのJP展出展報告:やまとカーボン社として初めて参加したが、出展内容はフォーム 工連でワークショップを行なったjunaioを使用したARと、バーチャルスタジオを出展した。
ARについてはJP展への出展を境に大きな反響があり、ビックサイトで開催されたウエディング関係の展示会にもARを使用して招待カードを出品し、多くの問合せを頂いている。
書籍関係の大手出版社から学習参考書にARを使用致したいとの問合せがあり、数週間の間に具体的案件が持ち込まれている。
冒頭 櫻井会長から話しがあったが、新しい製品の開発が重要と思うとともに、皆さんで活用頂きたく思うので、ARについて何なりと問合せ下さい。

・西中国フォーム印刷工業会報告(太田会長)
化学物質からの健康障害防止対策についての会員からの聞き取りでは、ISO14001を平成12年に取得され、第1種2種の有機溶剤は使用されず、防毒マスクと有資格者一覧表の掲示を行なっていると報告があった。

最後に瀬戸副会長より閉会挨拶があった。
「瀬戸副会長挨拶骨子」
本日が実質的な本年度の理事会スタートとなるが、櫻井会長はじめ皆さんから実りある報告を頂きました。冒頭櫻井会長からフォームには未来があり、発展する余地があるとの話を頂いたが、今 印刷業界全体で、インキジェットだ、デジタルだ、と言っているが、この分野で一番先行しているのは我々フォーム工連会員だと思う。インキジェットもデジタル印刷も間違いなく我々業界が先行している。
未来は我々が創造して行くことにもっと自信を持って良いと思う。

次回 平成24年度通常総会・第5回理事会
 開催日 平成24年9月12日(水)
 時 間 午後 1時30分 〜
 場 所 ホテルニューオータニ「LAPIS 2」
を確認して閉会となった。

   
    Copyright (C) 2007 JAPAN BUSINESS FORMS ASSOCIATION. all rights reserved.
会長あいさつ
概 要
あゆみ
事業活動
役員紹介
各地区事務局連絡先
理事会情報
規 定
業界再生検討委員会
資材委員会
国際委員会
業務委員会
市場調査委員会
公正取引推進委員会
技術委員会
環境委員会