日本フォーム工連について
トピックス&ニュース
委員会情報
技術セミナー
各種情報
出版物案内
会員企業の紹介
会員企業掲載お申し込みはこちら
お問い合わせ
 
理事会情報
日本フォーム印刷工業連合会 平成24年度 第8回理事会議事録
平成24年1月24日(木)午後2時15分
椿山荘プラザ「カシオペア」
出席者(25名)
櫻井会長、小谷副会長、瀬戸副会長、玉田常任理事、林常任理事、土屋常任理事、
越智(大久保常任理事)代理、佐藤常任理事、佐久間常任理事、杉山常任理事、溝口常任理事、
太田常任理事、和田常任理事、福田常任理事、佐々木常任理事、丸田(福武理事)代理、
石坂理事、坊野理事、加藤理事、滝本理事、田中理事、西川監事、寺山監事、
南里(市場調査事務局)、山口(専務理事事務局)
議 題 (1) 2012年度版「フォーム印刷業界の現状
と課題に関する調査報告書」の発刊報告
(2) 委員会報告
(3) 日本印刷産業連合会等関連報告
(4) その他資料・ご紹介
(5) 各フォーム印刷工業会からの報告


議 事 冒頭、櫻井会長の開会挨拶があり議事に入った。
櫻井会長挨拶骨子
明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。  
各会員の方々の会社、そして、この団体がまとまり、益々隆盛なることが我々の使命と思う。専務理事から紹介があった会報の新年号には、各フォーム印刷工業会の会長の年頭所感が掲載され、非常に興味深い。私の所感の引用に「地球は既に破産をしている」と書いたが、我々の産業は、将来どの様な方向性に向って行くかを捕えて行く。この予兆は人口減少による生活スタイルの変化は20年前から判っていた。しかし、私たちは20年前に判っていた事に手を付けていなかった。これを回復するには予見をきちっと分析し、強みに変えて行く努力をして行きたい。  
今年の色々な方からの挨拶を聞いていると、新しいリーダーが立って、そのリーダーが引っ張って行くとの見出しが多く掲げられているので、われわれも頑張って行きたい。
 
 1. 2012年度版「フォーム印刷業界の現状と課題に関する調査報告書」の発刊報告
昨年12月に発行した平成23年度版「フォーム印刷業界の現状と課題に関する調査報告書」について、今回の調査で得られた特徴ある事項について説明を行なった。  
今回の調査では、昨年(71社が回答)より社数が減少し、66社からの回答にとどまった。印刷産業は成熟した既存市場での収益確保を継続しながらも、新規市場・新規事業へと新たな収益源を求める各社の姿が浮き彫りとなった。経費や人件費などの削減によって収益改善を図る企業が増加し、一部の企業では成果が出ている。売上拡大施策では、
@既存市場から新規市場へ、さらに新規事業へと市場進出への動きが急速に起きている。
A市場進出に興味のある事業分野として「マーケティング」および「システム開発分野」を多くの企業が挙げており、既存事業の周辺を取り込む動きが目立っている。
BBPOサービスに対する市場拡大の期待は引き続き高い傾向にあり、BPOの業務内容も多岐にわたってきている。
と説明した。
報告者:市場調査委員会委員 越智 章 
     事務局 南里 明弘
(この小冊子は会員価格1,000円/部(会員外価格2,000円/部)で販売を致しております。)
   
 2. 委員会報告
●業務委員会
・11月・12月度月次計算について報告。  
・その他、会報No.374号発刊、"page 2013"出展について報告を行なった。
●資材委員会
・平成25年1月度用紙事情について説明をした。  
・2月22日開催の「インキ製造事業所(T&K TOKA埼玉)見学会」を報告 。
●国際委員会
・12月度北米印刷事情レポートを報告。  
・FAGAT及びRomancing Print展示会(インド)開催について説明。
●環境委員会
・「印刷ユニット・メンテナンス実践セミナー」開催について説明。
   
 3. 日本印刷産業連合会等関連報告
(1)「労働衛生協議会」実施内容及び「中央労働災害防止協会」入会
(2)「日本ペーパーパワー協議会(構想)」について
(3)技能五輪国際大会(ドイツ)日本代表選手発表について
(4)グリーンプリンティング認定工場(第26回認定)
(5)平成25年度日印産連主要行事日程について
   
 4. その他資料・ご紹介
(1)第14回パリ・ジャパンエキスポ「伝統文化パビリオン」について事務局より報告した。
   
 5. 各フォーム印刷工業会からの報告
 

関東では例年一泊の役員研修会を行なっていたが、今年は国際文化会館で年末懇談会を開催し、約40名が参加して文字文化を心から味わう企画として「朗読」を聞いた。  
2月に開催されます"page 2013"への出展も関東の会員の方々が参加される。年頭所感にも書かせて頂いたが、私たちの仕事に非常に危機感を感じており、行動を起こさねばならない時期にある。関東の会員同士での生産設備を共同して使用する様な話が出ているので、今年はごく小さなことからも実現して行きたい。
 
・北海道フォーム印刷工業会(佐藤会長)  
例年の行事ですが、一泊の懇親を兼ねた研修会を昭和情報様を講師に迎えて行なった。今年に入って、北海道印刷関連業の新年互例会に合わせて顔合わせを行なった。  
北海道電力から節電の要請があり対応しているが、北海道も大変寒い日々が続いていて、電力の使用を抑えることが難しい日々を過ごしている。
 
・東北フォーム印刷工業会(佐久間会長)  
東北では明日、仙台で講演会と新年会を開催する予定。今年はやっと例年のスケジュールに戻した活動が出来そうです。総会は5月に岩手県で開催、6月には復旧した石巻の日本製紙を見学する計画をしている。
 
・中部フォーム印刷工業会(杉山会長)  
年末には忘年会を兼ねたゴルフコンペを予定していたが、当日、降雪のため3月に延期になった。中部の景気も政権交代で期待を持っている方々が多い。今年は互いに協力し合って少しでも良い年にしたい。
 
・関西フォーム印刷工業会(溝口会長)  
1月16日に約90名の会員の方々に集まって頂き、新年互例会と「日本人のチョットここが変」とのタイトルで、インド人のパーソナリティーの方が講演。関西人のここがチョット違うのではないか?ということが、私たちの仕事の上においても一番大事なところではないのかと思います。今回は私の思いから単なる懇親会ではなく、「懇親情報交換会」との少し硬いタイトルをつけて、情報を交換する会合にしました。本年10月に持回り理事会を神戸で開催するので、来月の6日に兵庫支部新年会を開催し団結を図って行きたい。フォーム工連のホームページにも案内を掲載しているが、2月26日に情報用紙セミナーを開催する。
 
・中国フォーム印刷工業会(太田会長)  
今年は2月の新春懇親会から活動を開始するが、今回からは東西を統合して、西尾総合印刷様も参加されることになる。今まで勉強会を開催していなかったが、今回パルウェーブ様を招いて、「女性の社会進出について」の勉強会を行なう予定。今年は4月中旬に広島で「お菓子博覧会」があるので、ぜひ広島にお出掛け下さい。
 
・九州フォーム印刷工業会(和田会長)  
昨年12月に理事会及び忘年会を実施し、今年は2月22日に研修会を含めての理事会を開催する。年頭所感にも書かせて頂いたが、今年も業界活性のために、地方からエネルギーを発信することができるように、地方同士の交流会の実施を実現させたい思い、新しい取り組みをして行きたい。  最後に小谷副会長より閉会挨拶があった。

「小谷副会長挨拶骨子」  
新年早々に東京での大雪、海外でも大変なことが起こって日本人が亡くなったり、世界が狭くなったことを感じている。昨年から政権が変わって、様々な施策を打って経済が良くなることを期待したい。しかし、他力本願で期待してばかりではなく、我々自身も大きな変化を作っていくこともして行きたい。会員の各位が大いに2013年に活躍されて、フォーム工連の活動に大いに協力をして頂き、業界全体が益々発展することを願っている。
 
 次回平成24年度第9回理事会は    
 開催日 平成25年3月14日(木)    
 時 間 午後1時30分から    
 場 所 日本印刷会館2階 201会議室
を確認して閉会となった。

   
    Copyright (C) 2007 JAPAN BUSINESS FORMS ASSOCIATION. all rights reserved.
会長あいさつ
概 要
あゆみ
事業活動
役員紹介
各地区事務局連絡先
理事会情報
規 定
業界再生検討委員会
資材委員会
国際委員会
業務委員会
市場調査委員会
公正取引推進委員会
技術委員会
環境委員会