日本フォーム工連について
トピックス&ニュース
委員会情報
技術セミナー
各種情報
出版物案内
会員企業の紹介
会員企業掲載お申し込みはこちら
お問い合わせ
 
理事会情報
日本フォーム印刷工業連合会 平成26年度 第6回理事会議事録
平成26年10月2日(木)午後4時 
ホテルニドム 2F コンカニペ
出席者(44名)
櫻井会長 小谷副会長 小林副会長 林副会長 玉田常任理事 山本常任理事 土屋常任理事
石井常任理事 西常任理事 大門常任理事 入野常任理事  溝口常任理事 太田常任理事 
和田常任理事 福田常任理事 佐々木常任理事 朝日理事 渡辺理事 瀧本理事 瀬戸顧問 
山口(事務局)筧(事務局)
<オブザーバー>
(関東工業会) 宮腰巌 篠田ちゑ 野村龍太郎 和気章浩 松田守生
(関西工業会)  中村利昭 下川義記
(北海道工業会) 山口毅紀 渡辺修 佐藤泰光 橋場修一 川口理一郎 加藤慎司  前田憲之
永野修一 三浦教靖 三浦淳一 作田勉 峯松憲二  近藤雅彦 森山克彦
出原丈二

議 題 (1) 北海道フォーム印刷工業会活動報告
(2) 委員会報告
(3) 日本印刷産業連合会等関連報告
(4) 各フォーム印刷工業会からの報告



議 事 冒頭、櫻井会長の開会挨拶があり議事に入った。
櫻井会長挨拶骨子
皆さん、こんにちは。お疲れさまです。今日は第6回理事会で持ち回り理事会として、北海道で開催致しました。北海道は本当にいいところで、感激はしていないのですが、感動はしている(笑)。なかなかすごく広いところで、自然と戯れることができるという環境が都心の近くにあるわけですよね。非常に恵まれた、どちらかというと、アメリカ型の都市なのかなと感じます。東京では歩いても歩いても商店街ばかりというような環境ですのでね。
その辺はさておき、もうそろそろ随分皆さんとおつき合いもあり、私の率直な感想をいろいろとこれから言わせていただこうかな、言いたいことも言っていいころかな、と勝手に思っているんですよ。
先日、日印産連の会合がありまして、20年前と今と比べて、どのくらい印刷会社が減少しているかという率を出しているんです。その表がここにあるんです。これは、あとで配られると思うんですが、大手印刷会社が属している印刷工業会はもともと120社(平成5年)、それが95社に減少して79%と維持できていますが、中小の印刷会社が所属している全印工連は50%に減っています。半減している。そのなかにあってフォーム工連は274社から123社と65%に減っている。その他の団体を含めて平成5年と平成25年を比較すると、印刷会社が半減しているというのが現実です。我々はよく頑張っているな、ということかなと思っています。
日印産連でどういう話をしたかというと、印刷におけるグランドデザインをもう一度組織的に見直そうではないかという動きを日印産連がやっていまして、それをいろいろな切り口で、いろいろな委員会や理事会のときに提案していきます。私もいろいろと言いましたけれどもね。「印刷における価値創造強化に関する行動、そういうのをデザインしたい」とか、「印刷産業の社会的責任の向上に関する団体活動の評価はどうなんだ」とか、「社会に対する説明責任、社会へのアピールと評価の方法は」どうなのか、そういうような「印刷の信頼度をもう一度上げるためには」どうしたらいいのか、こういうようなテーマでこれから延々とこのグランドデザインを進めていくというような話がありましてね。できるだけ「価値創造型」「価値創造強化に向けて」、こういうあやふやな言葉はやめて、いろいろとストレートなものの言い方に換える作業をしていると思います。
今日は日経平均が1万6,000円を割りました。1万5,611円ということで、民主党政権のころに戻りつつある。非常に好景気というが、水をかけられるような結果で、いろいろな問題があるのかなと思います。僕はIRで海外に行っていろいろな国のトレーダーと話して得た結論ですが、「日本の印刷業界は信じられない。抜本的にどういうふうにやろうかというようなことを、統一をとって頑張ろう、というような雰囲気が感じられない。このままで行くと印刷業界は衰退するだろう」というような目で見ているのは間違いないんです。そこを、フォーム工連の会長の名刺を出しながら、「フォーム工連は違うんだ。我々の世界は、好景気・不景気に左右されない独特の世界で仕事をしている」と。彼らは常に凸版印刷と大日本印刷とトッパン・フォームズの営業利益率と比べたり、ROE(株主資本利益率)を比べ、企業の収益性で彼らは判断するのです。当社は、営業利益、ROE、その他の指数に関しても業界ナンバーワンが結構あるが「これは、どうしてですか」と聞かれたんです。これに対して僕は、フォーム工連企業の我々が通っている企業の部署は、普通の人が通えない部署に通うことができている。これがまさに「フォーム工連企業の強みである」という話をしています。彼らは非常に納得していました。例えば企業が、景気が悪くなると、予算を削減するのは、広告宣伝費とか、そういうところですよね。我々が行っているところは、企業の背骨の血液にあたる、事業企画とか、システム開発とか、そういう部署に通っているわけですね。そういう部門はなかなか経費が削減されない。そういう意味では、頑張れば頑張るほどいろいろな提案ができる部署で、将来決してマイナスの傾向にはならないだろう。そういうような話をしています。彼らそれを非常に同感してくれて、トッパン・フォームズという名前を代表して、フォーム業界を応援してくれていると僕は思っているんです。僕はIRに行くときに、フォーム工連会長の名刺を見せています。こういう立場で来ています。だからこういう理解をしてください。全体のためにセールスをしているつもりなので、ぜひとも自分たちの強みというものをもう一度よく理解してやっていきたいな、と思っているんです。
ちょっと今日は時間をいただいて、ぼくがこの数年間トッパンフォームズで言い続けてきたこと。
それというのは、一つは「企業体質の変革」です。「当社だけがよければいい」というのではなくて、「業界ということを考えなさい」というような話をしています。そのなかにあって“現場力”という問題です。まず“現場力”をつけない限り、企業経営はやっていけない。“現場力”というのはどういうことかというと、御嶽山で明暗を分けてしまったことに通じるところがあります。それと同じことを我々は常日ごろ、営業が得意先でやっているわけです。その時に、その若い営業がどういうふうに判断するか。その判断と僕とイコールでなければいけないわけです。「会社に帰ってから社長に相談して返事します」なんていうことは絶対言うな、と。これが、僕が言っている“現場力”ということなんです。そのために僕は「君の判断を尊重するよ」というようなことを言っています。
それと「差別化」です。「差別化」というのは、あらゆるものにサービスの「差別化」。ここでも皆さんといっていますが「差別化された商品」に対してはお互いに尊重し合おうよ。せっかくつくったものだから、他人のつくったものをまねてやるということはやらないで、そのつくった人にお願いすればいいわけですから。製品やサービス視点の「差別化」これを大切にしていく。そうでないと秩序というものが崩れていく。
それとやり続けてきたのが「財務基盤の強化」です。先月のフォーム工連の理事会挨拶でも僕は言ったと思いますが「財務基盤は強化しておいたほうがいいですよ」と。これは今の1万6,000円の日経平均が将来、幻であったと思っていただいたほうがいいかと思います。日本の実力は、1万5,000円、1万5,800円くらいがせいぜい。そうすると、もうちょっと下がると、民主党政権のころとまったく同じになる可能性があるんです。
それを今、一生懸命建て直しを図っているわけですので、それがうまくいっているかというと、そういうことは決してないようです。なぜならば、日本の不良債権は世界で27番目で、返すあてのない国債を引き受けているのは日本の場合、銀行がほとんどですので文句が出ないけれども、ギリシャでは国がつぶれるかつぶれないか、というような大騒ぎになったのが去年、一昨年でした。そのときのギリシャの負債の比率は176%ですよ。176%であれだけ大騒ぎしたのに、日本の今の現状は246%くらいなのです。これは、もとの日銀の総裁の福井さんが、火種として消さなければいけない非常に大きな問題である。そのためにいろいろな手で、増税とか消費税とか、やってきますよね。
そういう意味で「財務基盤」をきちっとしておいたほうがいい。それをぼくは8年間やり続けてきた。おかげさまでほとんど無借金経営をやっています。
あと、もう一つは「社会に評価される企業」です。できるだけ社会的な活動をきちっとやっていく。そういうような企業でありたい。そういう意味で、ダイバーシティへの対応、「なでしこ銘柄」の受賞など、いろいろ受賞させていただいて、どうやって評価を得ようかなと、テーマで追いかけていたのですが、一つの結論が出たと思っています。
これから成功するためには「顧客主導」というのを絶対忘れないことです。顧客主義、顧客満足度、これをいかにして上げていくか。それと、応援してくれているいろいろな個人的なつき合いとか、それに対するきちんとした対応、そういうところを確実にやっていく。そういう「外とのコミュニケーション」と「内とのコミュニケーション」との両方を本気になってやっていかないとだめなのです。
是非とも、そういう意味で、このフォーム工連企業の123社が、先鋭的になりましょうよ。印刷業界をひっかき回すような存在に、123名の人間が動き回る。それぞれの委員会をただ単に発表する(ただ単に発表するというだけでも大変で、そういうふうに言われたらカチッとくる人もいらっしゃるかもわからないけれども)だけではなく、そこで 新しい提言をやっていく。例えば「海外に於ける新しい商売のやり方を紹介する」。是非とも、そういうような「先鋭的な組織」になればなと願っています。
我々は「これから印刷戦国時代に入る」と、そういう覚悟の上でやっていかなければいけない。「今までは親睦だったのが、一つ変わって先鋭的な会議の場になればいいな」と思っています。
長々と話させていただきましたが「もうそろそろしゃべってもいいよ」というような声も聞こえますので、本日は少ししゃべらせていただきました。これが私のフォーム工連に思っているホンネです。繰り返しになりますが「フォーム工連企業は、世の中の血液にあたる、背骨にあたる部分をやっているんですよ。これは、ものすごく強いんです。これを理解しているのは、海外のほうが理解しているということです。我々の団体は人数は少ないけれども、メジャーな仕事をやっている」。
是非ともそういうことで各社に頑張っていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします。どうもありがとうございました。
 
 1. 北海道フォーム印刷工業会活動報告
「西 会長報告骨子」    
今日はようこそ北海道にいらっしゃいました。心から歓迎致します。北海道印刷工業組合を中心に組織され、北海道印刷関連業協議会の中に北海道フォーム印刷工業会が加わっている。この北海 道印刷関連業協議会の活動は、一年に一回札幌の流通センターで機材展を開催している。今年は9月4日〜6日まで3日間開催し、約5,000名の来場者があった。その他の活動としては新年互例会、 ゴルフ大会が主な活動である。
現在 北海道フォーム印刷工業会は、正会員が10社 準会員5社 特別会員11社 計26社で形成されている。活動としては総会をはじめ、定期的に理事会を開催し、会員間の情報交換の場にするとともに、フォーム工連理事会の内容を伝える働きをしている。その他 ゴルフ親睦会や忘年会等を開催している。大震災時、北海道は紙の入手に苦労した時期が約半年続いた。この時会員各 に集まって頂き、共同で対応することで危機を乗り越えた。また 年一回ではあるが講演会を開催している。
北海道は地域的に影響の薄い場所、土地は広大にあるが、商売になると厳しい地域でもある。会 員として加盟頂いている各社が長期的な視野に立って健全な経営ができるように活動を続けて行きたい。
   
 2. 日本印刷産業連合会等関連報告 
(1) 業務委員会(玉田委員長報告)
 ・ ソリューション営業力強化セミナー開催について
  9月3日 日本印刷会館会議室に於いて冨士ゼロックス総合教育研究所による「ソリューション営業力強化セミナー」を開催した。参加者は18社(会員外4社)から42名が参加頂いた。このセミナーは通常2日間のプログラムであるが、特別に1日8時間に圧縮頂いた特別メニューの教育である。座学だけではなく、ビデオやロールプレイを用いて実践的な教育プログラム。今回の受講者に対しては、年内にフォローアップ研修を実施する予定である。
 ・ Page2015出展企画の案内
  来年の2月4日から6日まで3日間、池袋のサンシャインセンターで開催される。今回も例年通り出展エリアを確保しているので、参加会員を本日から募集する。
 ・ 「印刷産業関連データ活用セミナー」案内
  日本印刷産業連合会と共催で11月20日に日本印刷会館会議室にて開催する。講師は同連合会企画推進部部長の大島渡氏と、同連合会の市場調査委員長である岩岡正哲氏が講演される。
(2) 国際委員会(土屋委員長報告)
 ・ 北米印刷事情レポート報告
  1.全米第2 位Quad/Graphics 社長ジョエル・クアドルッチ氏、印刷業界について語る
2.印刷業界を一変してしまうゲームチェンジャー (パート2)
 (本レポートは会報「フォーム印刷」に掲載予定)
(3) 市場調査委員会(石井委員長報告)
 ・ 平成26年度市場調査アンケート実施について
  平成26年度市場調査を実施し、61社から回答を頂いているので、11月の調査報告書 発行に向けてアンケート結果を集計中。今回の調査報告で判ることは、平成25年の売 上及び利益は少しずつではあるが回復傾向にあることである。特に 経常利益に関し ては「10%以上向上した」と回答した企業が12%程度増加して37.8%になっている。 この中身を見ると、売上が向上した要因は、昨年と同様に「得意先の業績向上」を理 由としている企業が35.4%。「法制度変更に伴う受注の拡大」との回答が58.3%あっ た。利益向上の要因としては、「経費の削減」が68% 「人件費の削減」が36% 「売 上の拡大」が32%であった。
現在の課題としては、資材の高騰の影響を受けて、「購入資材コストの削減」が55.7%。 「営業力・スキルアップ」が昨年同様77%と一位を占めている。興味ある分野は「D PS」から「システム開発・システム構築」に移行した。 今回新たな調査項目としてダイバーシティを取上げ調査した。各社が「再雇用制度」 「育児休暇制度」「短縮勤務」「女性社員の積極雇用」に取組まれてはいるが、女性社 員の雇用状況は「20%未満」が全体の64%で低い状況。さらに女性管理職の割合は非 常に低く、「女性管理職がいない」と回答した企業が50%、「女性管理職が3%未満」 の企業を合わせると80%を超えているのが現状である。本調査は今後とも継続的に調査して行きたい。
(4) 技術委員会(山口専務理事報告)
 ・ 技術委員会開催の報告
  9月8日に開催された技術セミナー「最新の技術動向は!」アンケート集計結果の報告。 このセミナーには約90名の方々に参加頂き、56名からアンケートへの回答を頂いた。この集計では、シールベクター((株)DIG JAPAN)、拡張現実(AR)(ナレッジワークス(株))、静電除去システム((株)TRINC)、への関心度合が高かった。紹介致した新しい技術を今後のビジネスに活かして欲しいと思う。
 ・ 富士ゼロックスマニファクチャリング(株)見学会についての案内
  10月30日に貸切バスで富士ゼロックスマニファクチャリング叶V潟事業所を見学。同事業所はVersant 2100 Pressをはじめ、産業用プリンターの製造拠点で、全世界のプ リンタ市場に向けて供給している。
 ・ Mac対応セキュリティー調査
  個人情報漏えいの問題から企業が所有するPCには何らかのセキュリティー対策を図っているが、MacのPCに対してはOSのバージョンへの対応もあり、セキュリティー対策が遅れているのではとの懸念がある。そこでMacPCへのセキュリティー対応の緊急アンケート調査を実施した。46社から回答を頂き、Macに対しては今後強化して行きたいとの希望はあるものの、現状はシステム的な対応までには至っていないことが判った。
(5) 環境委員会(朝日委員長報告)
 ・ 環境セミナー「社会や企業が求める環境への取組み」を開催
  10月17日午後3時から「社会や企業が求める環境への取組み」− 環境への取組みの基本は5S から、そして収益改善に−を開催する。基調講演は「スウェーデン企業の環 境意識とCSR」。第2部は「収益改善は5S(環境改善)から!」をテーマに、トッパン・ フォームズ・セントラルプロダクツ、(株)イセトー、東洋紙業(株)、(株)木万屋商会、の4 社から具体的な活動を紹介して頂く。
   
 3. 日本印刷産業連合会等関連報告
事務局山口より、資料に基づき以下の報告があった。 
(1) 日本工業規格(JIS)連続伝票用紙寸法について
(2) 「人を大切にする経営学会」記念講演会について
(3) 書籍紹介「新しい市場のつくりかた」三宅秀道著 東洋経済新報社
(4) 日本フォーム印刷工業連合会活動に関する報道記事報告
   
 4. 各フォーム印刷工業会からの報告

東北フォーム印刷工業会報告(大門会長)  
10月21日に横浜の富士ゼロックスお客様価値創造センターの見学会を計画している。参加者は10名の予定。
 
中部フォーム印刷工業会報告(入野会長)
11月11日午後3時より名古屋駅前のウインクあいちに於いて「デジタル印刷のゆくえ」と題して研修会を実施する。講師はPODi代表理事の亀井雅彦氏にお願いしている。  
 
関西フォーム印刷工業会報告(溝口会長)    
中四国フォ−ム印刷工業会と合同で11月7日に大王製紙三島工場の見学会を予定している。定員は40名ですが、現時点の申込者は定員の半分程度なので、関西地区にある各社の事業所の方々に もご案内頂きたい。 来年1月15日午後4時半から堂島ホテルにて開催する関西新年互例会の講師は、日本ドイツワイ ン協会連合会会長の小柳才治氏に決定した。同氏は音楽大学卒業後、ドイツケルンオペラ劇場研究生を経験され、ドイツでワインの栽培醸造を学ぶなど、様々な経歴の持ち主です。
  
中四国フォーム印刷工業会報告(太田会長)    
私たちの団体は2年前に西中国と東中国を統合させ、今年6月に四国地区を加わって頂き地域的な規模は大きくなったが、これ以上会員企業の減少による統合がないように願っている。来週は中四国フォーム印刷工業会として、初めての会合を中間地点である岡山で、14社から参加を頂いて実施する予定です。
   
最後に次回持回り理事会の開催担当になる九州フォーム印刷工業会の和田会長から、活動報告と閉会の挨拶があった。  
今日は北海道で理事会を開催して頂きありがとう御座います。会長に就任して間もない西会長ですので、準備が大変だったと思います。西会長と私は歳が一緒で、48歳同氏で熱い思いを持っている方です。
九州フォーム印刷工業会からの報告として、来月11月には忘年会・理事会、そして勉強会を予定している。私が持回り理事会に参加致したのは3回目になりますので、来年開催する九州には多くの方々に参加頂いて、実りある持回り理事会を開催致したいと思うので宜しくお願い致したい。 冒頭の櫻井会長のご挨拶で、「企業体質の変換」「現場力の強化」をしなさい。そして「我々はメジャーな業界なのだ」ということを意識するようにと話されたが、なかなか自分のことは見えないもので、他の業界から見た我々の姿を聞いて見たいなと思った。弊社は100人規模の企業ですが、営業・企画・スタッフが約20名います。この20名を4つのグループに分けているので、グループをリードするマネージャーは4名います。この4名の内の3名は、この2年以内に異業種から中途入社した方で活躍して頂いている。直ぐに売上増になったり、利益増になったりしているわけではないが、社内の雰囲気とか、営業の見方、考え方、行動の仕方が、確実に変わってきている。外から見ることのできる3名のマネージャーは、フォーム印刷業界の良さも、悪さが分かるので、一緒になって社内の改善を進めている。
今日は非常に良い会場を用意頂き、宿泊はコテージとのことですので、多くの方々と交流 ができることでワクワクしている。北海道の会員の方々ともお会いする機会が少ないので、これから開催される懇親会では大いに交流を深めたいと思う。 これで持回り理事会を閉会とさせて頂きます。

次回 平成26年度第7回理事会
 開催日 平成26年11月13日(木)
 時 間 午後1時30分 〜
 場 所 日本印刷会館5階 501会議室
 
を確認して閉会となった。

 
   
    Copyright (C) 2007 JAPAN BUSINESS FORMS ASSOCIATION. all rights reserved.
会長あいさつ
概 要
あゆみ
事業活動
役員紹介
各地区事務局連絡先
理事会情報
規 定
業界再生検討委員会
資材委員会
国際委員会
業務委員会
市場調査委員会
公正取引推進委員会
技術委員会
環境委員会