印刷用語集
一般社団法人 日本印刷産業連合会
プリプレス(568) 見る
プレス(814) 見る
ポストプレス(597) 見る
印刷資材(407) 見る
共通(438) 見る
経営/CSR(807) 見る
プリプレス > アナログ > 写真製版
無処理型刷版
むしょりがたさっぱん / no process plate
刷版製版工程が露光などの画像形成処理だけで完了し,現像処理が必要ない平版印刷用の刷版。明室環境下で取り扱え,紫外線露光方式,赤外線露光(感熱処理)方式,インクジェット方式などで画像を形成する。CTP用に無処理型の版材が多数開発されており,ポジタイプ(画線部露光)のサーマル版や,相変換型のサーマル版など,種々の製品が登場している。化学処理が不要で,取り扱いにすぐれるが,版材の感度が低く,高出力なレーザ光源を必要とする問題などもある。画像形成に十分なエネルギーを与えにくいため,耐刷枚数が課題になりやすい。

このページのトップへ