印刷用語集
一般社団法人 日本印刷産業連合会
プリプレス(568) 見る
プレス(814) 見る
ポストプレス(597) 見る
印刷資材(407) 見る
共通(438) 見る
経営/CSR(807) 見る
プレス > デジタル印刷 > 電子写真
インプレッション現像法(加圧現像法)
いんぷれっしょんげんぞうほう / impression development
非磁性一成分トナー成分の現像剤を用い,感光ドラムの潜像に該現像剤を付着させて現像する方法。トナーを担持した現像ローラを感光ドラム等に接触させ,現像を行うため現像ローラを導電性弾性体で形成する必要がある。現像ローラ上のトナー層の均一性やトナーの帯電均一性が要求される。非磁性かつ一成分であることに特色があり,カラー化の検討も盛んである。課題として,低温定着性,耐ブロッキング性,耐タック性及びトナー粉砕性,等がある。
関連語:
非磁性一成分トナー, 誘電性弾性体 カラー化

インプレッション現像(IBM)


このページのトップへ