印刷用語集
一般社団法人 日本印刷産業連合会
プリプレス(609) 見る
プレス(822) 見る
ポストプレス(597) 見る
印刷資材(407) 見る
共通(438) 見る
経営/CSR(811) 見る
プリプレス > アナログ > 刷版
コンベンショナル法
こんべんしょなるぐらびあほう / conventional gravure process
コンベンショナル法はカーボンチッシュというゼラチン由来の感光剤にモノクロ連続階調の透過型写真フィルムで文字と絵柄を焼き付け、白線スクリーンと重ね焼きをすることで、セルを形成する方法。セルの大きさはライトからシャドウまで同じで、版の深さの違いで階調表現を行う所が網グラビア法との違い。今は用いられていない。連続階調のフィルムをリスフィルムに置き換えて、オフセット網点グラビア版に用いたTHグラビア法はセルの深さと大きさを変えてライトからシャドウまでの階調を再現できる方法として使用されたが、今は用いられていない。

このページのトップへ