印刷用語集
一般社団法人 日本印刷産業連合会
プリプレス(609) 見る
プレス(822) 見る
ポストプレス(597) 見る
印刷資材(407) 見る
共通(438) 見る
経営/CSR(811) 見る
プリプレス > アナログ > 刷版
網グラビア法
あみぐらびあほう / halftone gravure process
グラビア版凸版平版と異なり、最大濃度の部分もセル(cell)は土手によって区切られている。この土手を文字画像データに組み込んでシリンダー露光し、腐食する方式を網グラビアという。ダイレクトグラビア法は主にベタ版、文字版を作成する時に白線スクリーンとリスフィルムという製版用フィルムを露光して腐食する方法。ポーシェル法は白線スクリーンを重ねた画像をフィルム出力して、シリンダーに露光する方法だが、現在では、製版用フィルムを用いずレーザー露光でシリンダーに直接網点を描画するタイプ(シンクレーザーストリームなど)に置き換わっている。露光後は現像、腐食の工程が必要。デジラスは現像の代わりにリンス、腐食の工程が必要。セルの深さでは無く、大きさを変えることでライトからシャドウまでの階調を再現している点がコンベンショナル法と異なる。

このページのトップへ