印刷用語集
一般社団法人 日本印刷産業連合会
プリプレス(609) 見る
プレス(822) 見る
ポストプレス(597) 見る
印刷資材(407) 見る
共通(438) 見る
経営/CSR(818) 見る
共通 > 周辺技術 > その他
広帯域通信
こうたいいきつうしん / broadband communication;broadcasting communication
広帯域(ブロードバンド)は「たくさんのデータを送受信できる」といった意味で、ブロードバンド通信とも称される。低速の電話網に対して,テレビ会議,高速ファクシミリ等といった広い通信周波数領域を必要とする情報を,帯域を保証して一元的に扱える高速通信網のこと。広帯域(ブロードバンド)通信の代表的なものとして、インターネットに接続により、ウェブサイトで動画を見たり、アプリケーションソフトをダウンロードしたり、添付ファイル付きの電子メールを短時間で送受信したり、テレビ電話の機能を使ったりできることがあげられる。広帯域(ブロードバンド)のインターネット接続方法として、光ファイバー、ADSL、CATV(ケーブルテレビ)、などがある。また、ホットスポットと呼ばれる無線LANのアクセスポイントが増えつつあり、これもブロードバンドの一方式になる。光ファイバーによる通信サービスとしては、一般家庭の宅内まで光ファイバーを引き込む「FTTH」(Fiber To The Home)、加入者の建物まで引き込んで行うFTTB(Fiber To building)などがある。なお、対義語として、通信速度が遅い一般の電話回線(アナログ回線)や ISDN を狭帯域(ナローバンドnarrow band )と呼び、それらを利用した通信を狭帯域(ナローバンド)通信と称する。ナローバンドは、「送受信できるデータ量が少ない」といった意味。

このページのトップへ