印刷用語集
一般社団法人 日本印刷産業連合会
プリプレス(609) 見る
プレス(822) 見る
ポストプレス(597) 見る
印刷資材(407) 見る
共通(438) 見る
経営/CSR(818) 見る
プレス > デジタル印刷 > 電子写真 全てのカテゴリを表示
ポストプレス > 光沢加工 > 材料、機械、その他
コロナ放電
ころなほうでん / corona discharge
電子写真プロセスにおいて,感光体への帯電,紙へのトナー転写,残留トナーや感光体の除電などを行うために必要な電荷発生方法。コロナ放電を発生させるためには,細いタングステン線を電極とし,アースの取れた金属板を対向電極とし,両極間に4~10kVの直流高電圧を印加することが必要である。電子写真プロセスでは感光体が対向電極になるので感光体が帯電される。コロナ放電は,この他にポリエチレンフィルムやその他プラスチックフィルムの表面処理や,印刷用紙の帯電防止にも利用される。光沢ラミネートでは箔押しなど後加工がある場合両面処理のフィルムが使用される。

このページのトップへ