印刷用語集
一般社団法人 日本印刷産業連合会
プリプレス(568) 見る
プレス(814) 見る
ポストプレス(597) 見る
印刷資材(407) 見る
共通(438) 見る
経営/CSR(807) 見る
プレス > デジタル印刷 > 電子写真
ゼログラフィ
ぜろぐらふぃ / xerography
(1)電子写真方式の代名詞となっているもので,発明者の名にちなんでカールソン方式ともいう。米Xerox社が1960年,ゼロックス914コピアとして商品化し,普及させた。これにより乾式トナー現像と普通紙コピーが広く世の中に受け入れられた。当時,感光体にセレン蒸着膜をもちい,コロナ放電による正帯電・露光キャリア(ガラスビーズ)とトナー粉を混合した現像剤のふりかけ(カスケード現像法)による感光体上へのトナー像の形成,普通紙への正コロナ帯電による静電転写,赤外線照射加熱による紙へのトナー熱融着をおこなっていた。転写後の感光体はクリーニングし繰り返し使用する。現在,感光体はアモルファスシリコンや有機光半導体などになり,現像は磁気ブラシ法となり,定着は熱ロール定着が主流となっている。 (2)Xeroxの転写式をゼログラフィーと呼ぶ定義もある。 
関連語:

このページのトップへ